2010年02月26日

参院選「本格保守」アピール=外国人参政権、夫婦別姓に反対−国民新(時事通信)

 国民新党の亀井静香代表(金融・郵政改革担当相)は24日の記者会見で、夏の参院選で「本格保守」をスローガンに掲げると発表し、永住外国人への地方参政権付与や選択的夫婦別姓制度導入に反対することを訴えていく考えを示した。
 同党は、今国会で郵政改革法案が成立すれば、結党以来の理念である郵政民営化見直しが一段落することから、「本格保守」を新たにアピールすることにした。亀井氏は外国人参政権と夫婦別姓について「うちが反対している限りは絶対に日の目を見ない」と強調した。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜「小沢氏、幹事長を辞任すべき」72.5%〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
ポスト鳩山を狙う"ラグビーボール"原口総務相
勃発した「藤井一派」vs「アンチ財務省」の暗闘〜経産省と組んだ菅副総理〜

小沢氏、平成19年分の政治資金虚偽記載でも不起訴処分に 東京地検(産経新聞)
日本独自の回線で初交信=野口さん、宇宙から筑波と(時事通信)
<道海面漁業調整規則違反>14隻の通信装置“2時間空白”(毎日新聞)
500系のぞみラストラン、「撮り鉄」対策で警備強化 28日にJR(産経新聞)
公共施設の全面禁煙通知へ=飲食店や娯楽施設も−厚労省(時事通信)
posted by イシマル マコト at 22:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。